もっと結婚する人が増えて欲しいものです

人生には何度か節目と呼ばれるものを迎えます。結婚はその節目の一つでもあります。


昔の女性は学校を卒業しても、大した就職先もなく、たとえ就職したとしても、お茶くみなどの雑用しかさせて貰えず、まともな仕事なんてできませんでした。それが今は、就職は勿論のことですが、女性といえども会社の重要な仕事をさせてもらい、会社の幹部にさえなれるようになりました。



年々、女性も男性と仕事で肩を並べるようになってきました。



昔の女性は、ほとんど仕事というものをさせもらえなかったので、やむを得ず男性と結婚していた女性も多かったのでしょう。自分の意思には反していたものの、それ以外選択肢がなかったので、結婚を選ばざる得なかったのでしょう。
それが今では女性といえども、様々な選択肢が存在するようになりました。


結婚なんて言うものは、数ある選択肢の一つに過ぎなくなりました。女性でも、まともな会社に就職でき、男性と同じ仕事をさせてもらい、あまつさえ会社の幹部になれるとなれば、男性に頼って結婚する必要もなくなってきました。

ですから、晩婚化、未婚化というのも頷けます。

既婚よりも未婚の方が何かと自由でいいです。



相手の合わせることも、束縛されることもなく、自分で稼いだお金は自分が全て使えるのです。
明らかに、既婚者よりも、未婚者の方がメリットが多そうです。

これだけ独身にメリットが多ければ、わざわざ結婚する理由などないように思えて来てしまいます。


ただ、独身者というのは、何をするにも一人でやらなくてはならず、病気の時や困難な状況になった時でも、自分一人で解決しなくてはなりません。


独身というのは何かと自由度が高く、メリットが多いものですが、何か困ったことが起きた時には、独身の方が不安な気持ちが強くなります。



そばに誰かいてくれるだけで、人というのは不安が減るものです。



結婚というのは何かと面倒なことが有りますが、メリットがないわけではないので、もっと結婚する人が増えて欲しいものです。



出会いの場が身近なところで作れる場合は、あえて婚活サービスを利用しなくても結婚相手を見つけられる確率は十分にあるといえます。

ただし、裏を返せば婚活サービスを一つの手段として活用することが、結果的に出会いの場を広げてくれることにつながるともいえます。



婚活を一つの手段として活用するときには、いくつか心に留めておくべきことがあります。一番重要なことは、どんな出会いの場でも本当の自分を見せることです。


たくさんの手段を駆使して出会いの場を得ようとしたとき、それぞれの場面で違う自分を見せてしまうことがあります。
たとえば、婚活イベントでは清楚イメージを心がけていたにもかかわらず、合コンなどのほかのイベントでは、遊びキャラを作ってしまったり、家庭的というより仕事人間というイメージを売りにしてしまったりするなどです。それぞれの場面で、違う自分を演じてしまうと、後々どれを一番大切にしていいかわからなくなってしまうことがあります。
出会いの場は、自分の将来添い遂げるパートナーが見つかるかもしれない場でもあります。

婚活サービスだけ、主催者のルールを守ればいいと考えるのではなく、いつでも結婚を前提とした付き合いに発展できるように、本来の自分をアピールできるようにしておかなければなりません。



それぞれの出会いの場で、人とのつながりを大切にすることも忘れてはいけません。

自分の話が、ほかの場で話される可能性もあります。どこでどんな風に、人とのつながりが出来上がっているかわからないからです。

関連リンク

どんなスタイルでも素敵な結婚式にするために


ウェディングドレスや白無垢に憧れる女性は多いですが、逆に結婚式はしたいけれどそれらを着たくないという場合は、他にもいろいろな衣装や方法があるので安心してください。例えば、色打掛や黒引き振袖に、ヘアスタイルは洋髪にすると、花嫁らしさを失わずに素敵な結婚式ができるでしょう。...

思い立って婚活をスタート


単に人生のパートナーを見つけたいと思い立って婚活をスタートさせるのではなく、子どものいる家庭を夢見て婚活に踏み切ろうと考えているなら、婚活向けのサービスは有効活用するにふさわしいサービスといえます。自分で、職場や知人の中から、ともに子どもを作りたいと思っている結婚相手候補を探すのもよいですが、そもそも子どもがほしいかどうか、あるいは何人ほしいか、どれほど真剣な気持ちでほしいと思っているかは、結婚を本気で考える間柄にならないとなかなか腹を割って話せない話題でもあります。...